GOLGOのひとりごと

親子MGに参加

2014.03.24

六甲親子MGに参加してきました。親子それぞれ7名ずつの14人、3卓。
長男とふたりで朝5時に起きて車で長旅でした。


表彰は大人と子供各1名ずつ。
大人の部は私が・・・プロ野球選手が草野球の小学生相手に本気でやったようなものです(笑)
子供の部は藤本亘君。4期、5期とA卓で大人相手に自己資本300超えて、しかも5期はシニアルールに挑戦したのですから大したものです。
ちなみにうちの長男は大型機械を2台買って大倒産!

MGは誰とやるかが大事だとよく言われますが、子供を相手にやるMGはまた格別でした。
小さいマス目に字を書くのに苦労していたり、電卓の使い方を知らなかったり、そういう子たちにひとつひとつ教えながらゲームを進めていくというのは、まさに気づきの宝庫でした。
自分の書いた数字を読み間違えて計算ミスをしたり、机の上の整理整頓ができてないせいで作業が遅くなってしまったりするのは、子供だけではありませんからね。
そういう本当の基本の大切さをゲームの中で理解できるMGは、本当に優れた教育ツールだと思います。

子供は親やよその大人から教わり、親は子供から学ぶ、MGの教え合いの良さというものは親子MGではより一層際立っていたように思います。

MG(マネジメントゲーム)セミナー

「GOLGOのひとりごと」カテゴリ一覧

会社を守る!・リスク管理

給与計算・賃金の取り扱い

就業規則

雇用の入り口と出口

法律守ってますか?