GOLGOのひとりごと

雇用保険の手続き終了後に誤りがあった場合の対処法

2020.01.27

雇用保険資格取得手続きを終えた後に、届出内容に誤りがあったと気づいた場合、「雇用保険被保険者関係諸届 訂正・取消 願」という申請書に客観的証拠(正しい内容が記載されている資料)を添付して訂正をすることになります。

氏名変更届では申請できない
よく誤解しやすいのですが、例えば被保険者の名前のフリガナが誤っていた場合(例:誤:ヤマザキ 正:ヤマサキ)、この場合氏名変更手続きによって訂正をすることはできません。あくまでも氏名が変更するわけではなく、読み方の訂正ですので、訂正願を提出しなくてはなりません。

通常の資格取得・氏名変更手続は電子申請も可能ですが、この訂正願については電子申請が認められておりません。直接管轄のハローワークに提出もしくは郵送による提出が必要となります(郵送手続の場合は通常よりも審査に時間がかります。申請前に管轄のハローワークへの確認をした方がよいでしょう)。

添付する書類について
添付する書類は訂正内容によって、異なります。
・生年月日に誤りがある場合には、保険証、年金手帳や免許証を添付します。
・氏名のフリガナに誤りがある場合、保険証もしくは年金手帳を添付します。
・資格取得日に訂正がある場合、訂正をしたい日付に在籍、加入要件を満たしていることが確認できる出勤簿及び賃金台帳を添付します。

MG(マネジメントゲーム)セミナー

「GOLGOのひとりごと」カテゴリ一覧

会社を守る!・リスク管理

マネジメントゲーム

給与計算・賃金の取り扱い

就業規則

制度を上手に活用

休日・休憩・休暇

雇用の入り口と出口

制度の見通し・世の中の動き

法律守ってますか?

その他雑感