MGコラム

社長、夜ぐっすり眠れてますか?

2020.10.16

単純な事ですが経営者の幸福度を測る上で大切なことです。

「幸福な経営者を育てること」これは私の重要なミッションです。

では、そもそも経営者の幸福とは一体何でしょうか?

お金をたくさん稼ぐこと?

お金があったら必ずしも幸福かというと、そうとは限りませんよね。

人の十倍お金があったら、10人前のご飯が食べられるか?

ギャル曽根じゃあるまいし(笑)

私は経営者の幸福度は「夜ぐっすり眠れているかどうか」で分かると思っています。

人は不安や心配事があると寝る時も考え事をしてしまい、安眠することができなくなります。

経営者には夢がありますが、一方でリスクとも背中合わせです。

将来の資金繰りや売上の心配や、社員が辞めてしまう心配など、悩みは尽きません。

経営という不安定性に足を踏みだしたその日から、雇われの身の安眠とはオサラバしなくてはなりません(雇われの身にも悩みはあるでしょうが)。

では、経営者が夜ぐっすり眠れるようになるためにはどうすればいいのでしょうか?

それはリスクを知ることです。将来、何が起きるかわからないから不安なのです。

どのくらいの確率で、どのくらいの影響度のリスクが発生するかが分かっていれば、適切な対策を講じることができます(コロナ対策もこれと同じですね)。

リスクへの対処ができていない経営者は安眠できません。

マネジメントゲームで学ぶ大きな目的のひとつがリスクへの対処です。リスクマネジメント。

また、睡眠時間を十分に取れていない経営者も多いのではないでしょうか?

人を雇ったはいいけれど、社員に仕事を任せるには仕組みが必要です。マニュアルや手順書、チェックリストにはじまり、ゆくゆくは価値観の共有までしていかなければ、結局は社長は時間に余裕を持つことができません。

睡眠時間を削ってまで、社長が働かなければならないのは、人に頼むよりも自分でやった方が早いという残念な状況にある証拠です。そこを抜け出すためには、睡眠時間を更に削ってマニュアル作りに励むしかありません。

こんな本が役に立つでしょう。

何を隠そう、この私自身も最初に人を雇った時には同じ思いをしたものです。


様々な失敗と努力を経て、ようやく経営者として時間に余裕を持てると思えた時の思い出があります。その思い出は、大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」です。録画しておいた大河ドラマを深夜に家族が寝静まった後で見ることができるようになった時、初めて私は人心地つくことができたのでした。このドラマが放映されていたのは2011年ですので、2007年に起業してから4年目になってようやく落ち着くことができたことになります。

お問い合わせフォーム
お気軽にご相談ください
MG(マネジメントゲーム)セミナー

「MGコラム」一覧