助成金申請

助成金申請について

国は中小企業に対し、様々な助成金を設定することで、様々な施策を推進してきました。

  • 定年延長
  • 育児休業の取得促進
  • フリーターや正社員未経験者の採用促進
  • 母子家庭の母や高齢者の新規雇用
  • 労働時間短縮や年次有給休暇の取得促進
  • 労働者の教育訓練や生産性向上

これらの助成金の中には、タイミングや手順を少しでも間違えると貰えなくなってしまうものや、毎年決まった時期にしか募集されず、しかも先着順で件数限定のものなどがあります。

また、助成金を受給するためには、日頃から法定帳簿類の備付けなどの要件を満たしておらねばなりませんので、原則として顧問契約頂くことが助成金申請の業務を受託する前提となります。

助成金のことだけを考えて会社経営を行なっているなら話は別ですが、実際にはこれらのチャンスを有効に活かせる会社はごく少数です。(会計事務所ですら、当事務所に助成金申請をご依頼いただいております。)

助成金実績 (平成23年12月時点)

表は横スライドでご覧いただけます。

助成金 件数 受給実績
中小企業基盤人材確保助成金 22件 2,340万円
実習型雇用助成金 15件 2,100万円
中小企業緊急雇用安定助成金 12件 2,100万円
職場意識改善助成金 27件 2,700万円

表は横スライドでご覧いただけます。

その他実績 労働時間適正化促進助成金
定年引上げ奨励金 中小企業雇用安定化奨励金
特定求職者雇用開発助成金 派遣労働者雇用安定化奨励金
中小企業子育て支援助成金 パートタイム助成金
トライアル雇用助成金 若年者正規雇用化特別奨励金
キャリアアップ助成金 職場定着支援助成金
キャリア形成促進助成金 労働環境向上助成金
企業内人材育成推進助成金 人材開発支援助成金

料金について

着手金5万円+助成金額の30~15%(助成金の種類により変動します)